So-net無料ブログ作成

山崎さん無事帰還 「重力の強さ感じた」 完璧任務、夫「誇り」(産経新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)=犬塚陽介】「いつか、パパとママとゆうきで宇宙にもいってみたいです」。15日間で地球を238周した宇宙での生活を終え、無事帰還した山崎直子さん(39)。宇宙飛行士の妻を“主夫”として支え続けた夫、大地さん(37)と、娘の優希ちゃん(7)、両親や同僚など多くの人が帰還を喜んだ。山崎さんは「地球に戻って重力の強さを非常に感じています。ありがとうございました」と喜びと感謝を語った。

 大地さんと優希ちゃんは山崎さんの帰還にあたり、それぞれコメントを発表した。2人は滑走路の一番先端で、シャトルの帰還を見守っていたという。

 「無事にミッションを終え、地球に帰還したことを大変うれしく、そして誇りに思います」とする大地さん。「お帰りなさい。本当に長い間よく頑張りました。お疲れさまでした」と妻をねぎらった。

 母親として宇宙飛行士の夢を実現させた山崎さん。ただ、ここにたどり着くには、夫婦の間で悩みや葛藤(かっとう)があった。山崎さんを支えるために仕事を辞め、専業主夫となった大地さんは、著書などで自殺一歩手前になるまで悩み、離婚さえ考えたことを告白している。

 「私たち家族にとっても、そして日本にとっても、いろいろな意味で非常に意義深いものだったと思います」とコメントに盛り込んだ大地さん。妻の夢がかなったことで、これまでの苦労が報われたようだ。

 優希ちゃんは「『おかえりなさい。おつかれさま』『シャボン玉のじっけんもありがとう』っていいたいです」と記した。

 「シャボン玉の実験」とは、優希ちゃんの疑問がきっかけで行われた宇宙で赤いシャボン玉をつくる試み。地上では重力のため色素が均一にならず不可能だが、宇宙では成功した。

 プロポーズの際に、シャトルが滑走路に着陸してすぐに結婚式を挙げることを約束していたという山崎さんと大地さん。

 優希ちゃんはコメントの中で「パパとママのけっこんしきをとてもたのしみにしていたので、いつかかっそうろでできたらいいなと思います」とつづった。

 山崎さんは「美しい地球で、こうして地球の自然を感じることができてうれしく思います。みなさまに感謝を申し上げたい」と笑顔を見せた。

【関連記事】
山崎さん両親「感無量」 無事帰還で喜びの会見
宇宙飛行士の妻のため…“主夫業”歩んだ山崎大地さんのイバラ道
山崎さん、日本文化多く発信 随所に女性らしさ
山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲
シャトル退役 問われる日本の役割

団塊世代が働く理由、「経済的理由」が7割(医療介護CBニュース)
【ECO最先「探」】夢の植物性固形燃料 CO2実質排出量ゼロ(産経新聞)
民主、参院愛媛に女性新人=小沢氏発表、社民は反発(時事通信)
PMDA省内仕分け、好意的意見が続出(医療介護CBニュース)
昔は不登校、今は仕事の挫折で…ひきこもりの高齢化(産経新聞)

普天間移設 「一つの民意」反対集会に首相(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設候補地として政府が検討している鹿児島県・徳之島で島民ら1万5000人(主催者発表)が参加した大規模な反対集会が開かれたことについて、「大変なエネルギーだ。一つの民意だと理解すべきだと思う。そういう民意も勉強しながら、政府として普天間の移設先を真剣に考えていきたい」と述べた。

【写真特集】普天間移設先、最有力案に浮上 徳之島とは

 首相公邸前で記者団から「徳之島に正式に打診する考えはあるのか」と聞かれたのに答えた。政府は反対集会について参加者実数など詳細な分析を行っており、首相の発言は地元の意向を見極めながら、徳之島案を検討していく考えを示したものとみられる。

 平野博文官房長官は、徳之島を軸に検討している政府案を今週、民主党鹿児島県連に正式に伝える意向で、政府は地元との正式交渉入りに向けた動きを本格化させる。これに対し、民主党県連は徳之島案の白紙撤回を求める方針を18日、首相に伝えており、近く正式に撤回を申し入れることにしている。

【山田夢留】

【関連ニュース】
【写真特集】米軍普天間飛行場はなぜ危険とされるのか
毎日新聞世論調査:内閣支持率33% 不支持は初の5割超
普天間移設:徳之島で反対集会 1万5000人が参加
普天間問題:徳之島案撤回を 民主党鹿児島県連が要請へ
普天間移設:「やり遂げられるのか?」 米大統領が不信感

徳之島案、県連に説明=官房長官(時事通信)
性的虐待、56%が1年以上…実父最多34%(読売新聞)
地下鉄30本運休、7人転倒・搬送…春の雪(読売新聞)
<手塚治虫文化賞>マンガ大賞に山田芳裕さん「へうげもの」(毎日新聞)
タイ邦人カメラマン 無言の帰国 妻「言葉にできぬ悲しみ」(産経新聞)

部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)

 福岡県警は15日、部下の巡査長(27)を殴ってけがをさせたなどとして、県警早良署地域2課の警部補(36)を傷害と暴行容疑で福岡地検に書類送検し、減給6か月(10分の1)の懲戒処分にした、と発表した。

 県警監察官室によると、警部補は九州管区機動隊早良小隊長だった昨年10月1日、全国育樹祭の警備のため、長崎県内を移動中の大型バス内で、隊員だった巡査長の顔を平手打ちし、唇を切るけがを負わせた。このほか同9月16日から10月4日の間に計6回にわたり、巡査長がミスをした際、署内などで空のペットボトルを顔に投げつけたり、胸ぐらをつかんで壁に押しつけたりした疑い。

 巡査長が無線機の通信をうまくできなかったことに立腹して平手打ちをしたといい、一連の暴行について警部補は「一人前になってほしいという思いだったが、反省している」と話しているという。西谷五郎・首席監察官は「いかなる理由であれ上司による暴行は許されない。再発防止を徹底したい」と話した。

<訃報>村本信幸さん74歳=元住友精化専務(毎日新聞)
時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ(産経新聞)
「国境なき東大生に」=入学式で浜田学長(時事通信)
【トヨタ パッソ 新型発表】1か月間で目標の2倍を受注
首相退陣なら衆参同日選も=仙谷氏(時事通信)

山林にペット100匹の死体、業者が不法投棄か(読売新聞)

 犬や猫約100匹の死体が埼玉県飯能市内のがけ下に捨てられていたことが、県などへの取材で分かった。

 県や市などが回収した死体は、衣服を身に着けたままのものも多く、ペットだったとみられる。県警は悪質なペット葬儀業者らによる不法投棄とみて、廃棄物処理法違反容疑で捜査を始めた。

 県や捜査関係者によると、多数の犬や猫の死体が見つかったのは、飯能市から同県横瀬町に抜ける正丸峠(標高636メートル)の道路沿い。「ペットの死体が投棄されている」との通報を受け、県などが3月26日に現地を調べたところ、白骨化したり、野生動物に食い荒らされたりした死体が見つかった。

 この中にはリボンや服を身に着け、ペットとして人気の種類の犬の死体などもあり、約80体を回収した。31日にも、捨てられていたごみ袋から、死後10日以内とみられる犬15匹の死体が見つかった。

 道路からがけ下の山林に向けて投げ込まれたとみられ、市は近くに監視カメラを設置した。

 ペット葬儀会社でつくる「日本ペット訪問火葬協会」(東京)の藤本政光理事長は「当協会ではありえないが、引き取った死体を供養せずに捨てる業者が一部にあると耳にする。しかし、これほど大量の不法投棄は聞いたことがない」と話す。

 ペットの火葬・埋葬業者は全国で増えているが、規制する法律はなく、飼い主と処理や料金などを巡ってトラブルを起こす悪質な業者もいるという。

水道管25トン盗まれる=45万円相当、資材置き場から−神戸市(時事通信)
監視や議論で「よりよい制度に」―産科補償制度でシンポ(医療介護CBニュース)
寝屋川の放火未遂 介護士を殺人容疑で再逮捕(産経新聞)
【教育】正義と勇気 「神話」が新鮮 来年度小学1、2年の国語教科書に(産経新聞)
B型肝炎訴訟 原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)

黄元書記、招聘 動かぬ拉致問題 日本政府の思惑は、前向きアピール(産経新聞)

 日本政府が黄長●(ファン・ジャンヨプ)氏を招聘(しょうへい)したのは、凍結状態にある日本人拉致問題への前向きな取り組みをアピールする狙いがある。一方の黄長●氏は、金総書記の健康不安や経済混乱で不安定化の兆しがみえる北朝鮮情勢について、元側近としての知見を日本政府に直接伝えたいとの希望があるようだ。(久保田るり子)

 政府は中井洽(ひろし)拉致担当相が昨秋、訪朝し黄氏の訪日について韓国政府に要請した。「横田めぐみさんに会った」と述べている金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員についても5月招請で調整中だ。

 鳩山政権は日本人拉致事件について、鳩山首相を本部長に平野博文官房長官、岡田克也外相、中井拉致担当相で構成する拉致対策本部を組み、予算・人員も拡充してきた。しかし、成果はあがっていない。日朝協議が核問題の6カ国協議の枠組み内の位置づけであることも要因だが、政府としては「拉致に弱腰」との世論を回避するためにも、北朝鮮が「背信者(裏切りもの)」と名指しする大物亡命者を来日させたかった。

 黄氏は過去、訪韓した野党時代の鳩山首相ら民主党幹部に面会しており、新証言が出る可能性は高くないが、「国民の生命を守るため政府は解決に全力を尽くす」(中井氏)との姿勢を強調するには役に立つ。

 黄氏は西側亡命者としては北朝鮮で最高位で、現在、韓国で2万人を超えた脱北者らの長老的な存在。「金正日(キム・ジョンイル)独裁体制を打倒」を掲げる「北朝鮮民主化委員会」の委員長を務め、メディアで北朝鮮情勢の分析や講演をしている。

 韓国の金泳三(キム・ヨンサム)政権(当時)と水面下の接触を通じ亡命を果たしたが、親北・革新の金大中(キム・デジュン)政権では「警護」を名目に厳しい監視下に置かれた。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権でも韓国国内は親北ムードで、親北過激派から「反逆者」と脅迫もあり、亡命以来の常に数人の警護に付く生活は現在も続いている。

 金正日総書記を10代から知っており、北朝鮮の統治理論である「主体思想」を体系化した学者で金日成総合大学総長のほか、朝鮮労働党書記、最高人民会議常任委員長など半世紀にわたり権力の中枢にいた。

 97年、日本での会議出席を機会に亡命を決意して来日したが、情報が漏れ、宿泊ホテルなどで朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)の目が厳しく断念。中継地の北京で失敗の折の自殺用毒薬を懐に韓国大使館に駆け込んだ。以来13年目の来日となった。

●=火へんに華

【関連記事】
黄元書記来日 「拉致」解決へのはずみに
日本人拉致問題は「ささいなこと」 黄元書記
北朝鮮の黄元書記が米国到着 帰途日本に
鳩山政権、拉致対応定まらず 北朝鮮に引きずられる懸念
訪韓の中井拉致相 黄長ヨプ氏来日への協力を要請
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

練習中に倒れ植物状態、4億円賠償求め両親ら提訴(読売新聞)
自民、選対本部長代理に石破、石原、小池氏 舛添氏は拒否(産経新聞)
「上下関係のない新しいグループ立ち上げたい」と集団暴走 容疑で少年10人を逮捕(産経新聞)
府議会自民会派の現職執行部ら8人が橋下知事の「大阪維新の会」合流へ(産経新聞)
宅八郎氏を起訴猶予 脅迫容疑で書類送検(産経新聞)

オウム名指し、国家公安委で懸念も(読売新聞)

 1995年3月の警察庁長官銃撃事件で、公訴時効が成立した先月30日、警視庁公安部が、オウム真理教の信者だった同庁の元巡査長(44)ら8人を「容疑グループ」とする「捜査結果概要」を公表したことについて、1日開催された定例国家公安委員会で、委員5人の一部から「あそこまで踏み込まなくても」と懸念が示されたことがわかった。

 中井国家公安委員長が定例記者会見で明らかにした。

 これに対し、警察庁側は「批判はわかるが、団体規制法の監視対象である団体であり、あえて異例の公表に踏み切った」と説明したという。記者会見に同席した警察庁の安藤隆春長官も「警察の現職トップが狙われたのは治安に対する挑戦。警視庁は、捜査内容の説明責任を果たすという公益性を重視して公表したと理解している」と話した。

中曽根元首相「外務省から密約の説明受けた」(読売新聞)
愛子さまを市民ら歓迎=皇太子ご一家、静養で長野に(時事通信)
「特定、解明に至らず」=長官銃撃で警視庁幹部(時事通信)
【WEB人】芸妓 雛菊(ひなぎく)さん(29)(産経新聞)
食品安全庁の創設検討、消費者基本計画を決定(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。